そばかす対策ガイド TOP → シミとそばかす シミが出来る仕組み

シミが出来る仕組み

大きく分けると、皮膚は「表皮」と「真皮」という二種類にわけられます。表皮の一番下の深層部分には、色素形成細胞の「メラノサイト」というものがが存在しており、紫外線が肌に当たると、「大量の活性酸素」が発生してメラノサイトを刺激します。すると、メラノサイトは真皮にある肌の"核"を守るため、黒色の「メラニン色素」を作り出すのです。それがシミの元になるのです。

「肌のターンオーバー(代謝による皮膚の再生)」がしっかりおこなわれない時に、色素沈着が起こります。このターンオーバーの滞りになるべく早く気付いて、その原因となることを改善するだけで、シミの対策が出来ると言っても良いでしょう。

そして一度出来てしまったシミを消すことは容易ではありません。シミとは、若いうちから無防備に肌を晒し、何も紫外線対策をしてこなかったり、日焼けをし過ぎてしまったりすることで、少しずつ沈着した色素が生成するものです。したがって、皮膚の奥まで浸透してしまった色素を消すのには、たくさんの時間がかかります。

もちろん、日に焼けることが絶対に悪いことだとは言いません。適度に日に当たるということは、むしろ骨を丈夫にすることにも繋がるので非常に健康に良いことです。しかし、あまりにも無防備に紫外線対策を怠った場合は、将来シミが発生しても全くおかしくないと言って良いでしょう。紫外線対策は、若い内から必ず行って下さい。


シミとそばかす


http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!