そばかす対策ガイド TOP → そばかすの予備知識 喫煙者とそばかす

喫煙者とそばかす

そばかすにとって、タバコは大敵です。もし、シミやそばかすを治療しようと思っている場合や、肌を健全な状態に保ちたいのであれば、今すぐに喫煙をやめた方が良いでしょう。どうして「喫煙が美容に悪い」と言われているのかと言えば、次の三つの原因が挙げられます。

ひとつは、「タバコがビタミンCを余分に消費しまう」ということです。タバコ一本あたりで、体内のビタミンCは25mgも消費されてしまうと言われます。生活していて必要なビタミンCの摂取量は85mg。ヘビースモーカーの方が、30本〜60本吸ったとして……。必要摂取量をマイナスしてしまうことがわかりますね。これでは、そばかすを治療する為に必要なビタミンCは全て壊れてしまいます。

そして、タバコが美容に悪い理由の二つ目は、「活性酸素を大量に発生させる」というものです。タバコを吸うと、体内では「活性酸素」が大量に発生します。「活性酸素」とは、メラニン色素の生成を促す「チロシナーゼ酵素」というものを活性化させて、シミやそばかす、くすみの原因を作ります。

最後に、タバコが美容に悪い三つ目の理由。これは 「新陳代謝の悪化」が考えられます。タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させ、血流を悪くしてしまいます。毛細血管が収縮すると、肌には栄養が行き届かなくなります。したがって、ターンオーバーが乱れ、そばかすの治療の妨げとなるのです。そばかすを治療したいのであれば、喫煙は絶対にやめましょう。


そばかすの予備知識