そばかす対策ガイド TOP → そばかすの基本情報 シミとそばかすの違い

シミとそばかすの違い

シミとそばかすを一緒だと思っている人は、結構居るのではないかと思います。確かに、色素が沈着しているという点では似ていますが、シミとそばかすは似て非なるものです。今回は、シミとそばかすの違いについてお話していきたいと思います。

そばかすは遺伝的要因が非常に強く、生まれたときから存在していたり、幼少期くらいから発生することもあります。このような原因である場合、自分ではどうすることも出来ない上に、シミとは発生の原因も異なってきます。

それでは、シミとはどういうものなのでしょう。シミは、主に三十代以降から出来やすく、産後のホルモンバランスの乱れや生活習慣が乱れていると発生する、後天性のメラニン疾患です。若いうちから紫外線の対策を怠っていたり、肌をガンガン焼いていたり、若い頃に肌に無茶をさせ過ぎた結果できてしまうものです。

このように、シミとそばかすは発生の原因が全く異なっています。発生の原因が異なっているから対処の方法が違うのかといえば、どちらもメラニン色素の沈着なので対処法も近いものがあるのですが、まずは発生の原因を知っておくことが大切です。

「若いうちに紫外線対策をしておかなければシミが出来る」と把握しておくことも大切ですし、何より、それを周りが認識しておくことが大切です。そばかすが出来ているからと言って、「美意識が足りない」と考えてはいけません。そばかすは遺伝でなることが多い上に、なかなか消すことが難しいのです。


そばかすの基本情報


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!